!お知らせ!3/13 新刊発売 "「思考法」の必読書50冊、1冊で図解してみた" ~今こそ読みたい!~

戦略とは「追いかける指標」である

顧客創造企業の戦略

皆さんは、戦略と聞いてどのように定義しますか?

世間には非常に多くの戦略の定義があるのが、現実です。

私は、著作『「超」入門失敗の本質』で、戦略とは追いかける指標のことであると

定義しました。

あなたがチームで、自動車レースをしている場合。

エンジンの馬力を高くすることで、レースに勝てると考えるなら

「高馬力戦略」を採用していることになります。

運転手の熟練度で勝てると考えているなら、「ドライバー技量戦略」です。

車体を軽量化することで勝てると考えるなら、「軽量化戦略」というわけです。

ここで、重要なことが3つあります。

1つ目は、戦略を使いこなすためには、まず自分が「どんな指標を追い掛けているか?」を理解する

必要があることです。そんなこと、考えたこともない、とおっしゃる方もいるでしょう。

しかし、勝利に向けて何らかの行動をしている場合、無意識でも必ず何かを追求しています。

(その指標が効果的でなくとも)

2つ目の重要なポイントは、何度かレースをすることで、これまでの結果や戦果から

どんな指標がこのレースで有効であるかを「段階的に推察できる」ようになることです。

勝利したチームが何を追求しており、敗北を続けているチームが何を追求していないかを

観察することで、次第に見えてくるものがあるはずです。

3つ目の重要な点は、人には自己愛があることです。

人間は、自分が上手くできることを好む性質があります。自分が大切で特別な存在であると思い込みたい、そう証明したいという願望が誰にでもあるのです。

しかし、自分の得意なことがなんら優位につながらず、ビジネスでいえば利益を生む指標ではなくなった場合、どうすべきか。

適切な形で、自己愛を切り捨てなければいけません。

これができないケースは、意外にも大変多いです。これまでやってきたこと、これまでは有効だったことから決別する。

追いかける指標(=戦略)が不適切であるとわかっていても、敢えて負ける状況に甘んじてしまうのです。

 

タイトルとURLをコピーしました